寝ている時の頭痛・肩こり解消法

投稿者: | 7月 16, 2017

こんにちは。女性専用頭痛専門治療院「大分にこにこ整体院」の首藤です。

 

「枕を首に当てると首の付け根や背中が張って寝苦しい・・・。」

 

と先日患者さんから相談されました。

 

 

(当院ではセルフケアとして枕の位置を指導しているのですが、

この枕の位置が首に当てることでずいぶん頭痛・肩こりが違ってきます。

ぜひお試しください)

 

 

ただ、枕を首に当てて寝ることでこの方のように首や肩に違和感が出ることがあります。

 

 

1・体が慣れていなくて違和感が出ている

今まで枕が頭に当たっていたり、何も敷いていない状態だと首のカーブが少なくなっていていわゆる「ストレートネック」になっている可能性があります。その場合は首のカーブをつける施術を受けることで枕が当たりやすくなります

 

2・枕が首だけでなく頭にも当たっている

「枕は先生のアドバイス通り、首にちゃんと当ててますよ」と話している患者さんへ施術の際に枕の位置を確認すると実は頭と首の境目(後頭骨付近)に当たっていた。ということがよくあります。

首に当たっていても、同時に頭にも当たってしまうとストレートネックや猫背の姿勢を作りやすくなり、広背筋が緊張を起こしやすくなります。喉を閉めてしまうのでいびきをかきやすくなります。

なので、枕は首だけに当たるようにしましょう。

 

3・布団が柔らかすぎる

枕を首に当てていても、柔らかい布団に寝ていると体が体重に比例して沈んでしまうので、首の付け根から背中にかけて就寝中に筋肉への負担がかかりやすくなります。特にマットレスの上に布団を敷いていたり、この時期は布団の上に寒さ対策でボアシーツなどを敷いている場合に起こりやすいです。目安は「フローリングに薄めの布団を敷いた硬さ」です。

 

まとめ

以上が、枕を首に当てたときに気をつけることになります。

まだまだお伝えしたいことはありますが、おいおいご紹介しますね。

就寝時間で良い体も悪い体も作られます。ぜひ元気な体作りをしてくださいね。

 

 

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください