整体後のだるさ・痛み(好転反応)について

投稿者: | 8月 22, 2017

こんにちは、頭痛マイスター首藤めぐみです。

 

当院に来られた患者さんから、

時々施術後のだるさ・痛み(好転反応)について相談されます。

今回はそのことについて詳しくお話しします。

 

好転反応とは?

好転反応は、身体が正常な状態へ変化する過程で起きる、一時的な反応です。

けっして悪い反応ではないので、ご安心ください。

悪い部分が傷むのは身体の仕組みから考えると当然のことで、むしろ喜ぶべきことなんです。

解放が起こった部位は脳に情報が伝えられ、異常を感知し、修復が起こります。

ここからが本当の意味で身体に回復が起こった状態と言えます。

施術を続けて受けることで、必ず良い方向へ向かって行きます。

 

 

なぜ好転反応が起きるの??

悪い姿勢を続けて骨格が歪んだり、ストレスなどによって筋肉が拘縮した状態が続くと、神経の圧迫や血液・リンパの流れが滞り、次第に回復力や免疫力が低下していきます。

この状態がさらに続くと、疲労の回復が睡眠だけでは取りきれず身体に蓄積されていき、この状態で無理に行動することは、交感神経(昼間活動する時の自律神経)を優位に働かせ、緊張状態が続くリラックスできない状態となってしまいます。

そうなると睡眠の質も落ち、疲労はどんどん蓄積されるという悪循環が起こり、やがて痛みや不調となって現れてきます。

あなたが腰痛や肩こりなど慢性的な不調を抱えていたと仮定して、整体やカイロプラクティックを受けたとします。

そうすると施術による刺激を受けて身体が反応し、痛みや不調のある異常な状態のバランスから正常なバランスへ、治りにくい慢性的な疾患から、治りやすい急性的な疾患へと身体を戻そうという変化が起こります。

この身体が変化しようとする反応のことは「好転反応」や「調整反応」「解放痛」と呼ばれています。

 

 

 

好転反応の種類

弛緩反応:だるい・眠いなど好転していく前段階で、身体の各部のバランスが完全ではない状態。悪い姿勢から良い姿勢に身体が慣れるまで、今まで痛みのなかった部位が多少痛むこともあります。

過敏反応:便秘や下痢をしたり、痛みが強くなったりし、慢性化していた症状が好転する時に現れます。

排泄反応:体の恒常性の維持が正常になり始め、体内の老廃物や毒素を排出し出します。汗・尿・便・皮膚の吹き出物などとして体外に出されます。

回復反応:一時的に痛みやだるさ等が出ます。血流・神経の働きが改善され始めたときに現れ、身体が正常になるとなくなります。

 

好転反応の主な症状

  • だるい
  • 眠い
  • 倦怠感
  • 便秘
  • 下痢
  • 発汗
  • 痛み
  • 腫れなど

痛みや不調の期間が長く回復力が低下している方ほど、好転反応を強く感じる傾向にあります。

また、好転反応が起こっていても感じない方も多く、反応が出ないからと心配する必要はありません。(私は鈍感なので多分このタイプ)

 

好転反応のレベル

 

  • 軽い好転反応

施術を受けた日の夜から翌日にかけて、「全身がだるい」 「やたらと眠い」 「腰痛や肩首痛が増した」 などの症状が現れます。しかしそういった症状は半日~1日でおさまり、おさまった後は、もともとあった痛みも改善します。

この場合は、まったく心配のいらない好転反応です。施術が上手く行っています。痛みが改善した後は、しばらく様子をみてください。体が楽になった!動きやすくなった!痛みの度合いが変化したなどを感じることもあります。

  • 中程度の好転反応

施術を受けた日の夜から翌日にかけて、「全身がだるい」 「やたらと眠い」 「腰痛や肩首痛が増した」 などの症状が現れますが、半日~1日でおさまります。しかし、もともとあった痛みは、まだまだ改善されていません。

この場合は、1回の施術では効果が不十分ということです。痛みが改善するまで、何度か続けて施術を受けてください。(週1~3回のペースで。)施術を続けることで痛みは必ず改善します。

  • 重い好転反応

施術を受けた日の夜から翌日にかけて、「全身がだるい」 「やたらと眠い」 「腰痛や肩首痛が増した」 などの症状が現れ、半日~1日でおさまらず、数日経過しても痛みは増加したままな場合があります。

このパターンの好転反応が出る人は重症者ということです。痛みが改善するまで、間を詰めて施術を受けてください。(週3回以上のペースで)。施術を続けることで悪化した痛みも、もともとあった痛みも改善して行きます。

※このパターンの好転反応が出た人は、料金が割引になる事があります。ご相談ください。

 

好転反応を感じやすい人

  • 筋肉が硬い人。
  • 交通事故、スポーツ事故、寝ちがい、ぎっくり腰、などを起こして間もない人。(筋肉に損傷がある人)
  • 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などがある人。
  • 体力、回復力が低下している人。
  • 症状の重い人・症状が慢性化している人
  • 長期間薬を服用している人
  • 強い薬を服用している人
  • 食品添加物や加工食品を長期間摂取した人
  • 肉や脂肪の多い食事を摂り続けている人

あくまで目安です。上記に該当する方皆さんが好転反応を感じるということはありません。

好転反応にも個人差があります。

 

当院にこられている患者さまの主な好転反応

施術中:体がポカポカしてきた(特に指先・つま先)

眠くなってきた

心地よい空腹感

施術後:トイレにいきたくなった(排尿・排便)

心地よい体のだるさを感じる

施術夕方:足・手に痺れのようなじわじわ感がある

今まで感じたことのない部位に違和感や・軽い痛みを感じる

施術翌日:重だるさ・眠気・尿意

 

など、何かしらの変化を感じる方がいらっしゃいます。

全く感じない方・感じる時間の長さなどには個人差があります。

 

 

好転反応の対処法

  • たくさん眠る
  • 体を冷やさない
  • 食べ過ぎない
  • 常温の水をしっかり飲む
  • お風呂はシャワーだけにする

以上の点に注意してお過ごしください。

痛みは軽くなったのに、今までにない突然の変化に驚かれ、不安に感じることもあるかもしれませんが、これは身体が治癒していくためのステップであり、今まで頑張って無理をさせてしまった身体が、回復に向けて動き出した証拠でもあります。

さまざまな排出反応は無理に止めないようにしてください。

 

 

回復にはリラックスして休息をとることが必要不可欠なので、好転反応が出ている間は無理をせず身体を休めてください。

 

最後に

好転反応は、効果や副作用のように本当の悪化ではありません。

そこを理解し、施術を受けて頂く為に初診時に説明をしていますが、なかなか一度では理解するのは難しいです。

その為、本人や周囲の家族の理解不足などで、体が改善方向に向かっていても残念ながら途中で治療をやめられる方も多くいます。

1、2回の施術で改善する方もいますが、10回以上の施術で改善の兆しが出られる方、好転反応が強い為あきらめてしまう方など様々の方がおられます。

当院は、根本的に治癒を目指しておりますので、どうかあきらめずに施術を受けて頂きたいと思います。 

痛みは早い段階で取れるにこしたことはないのですがどうしても個人差はあります、ここでは「止めて」いるのではなく、「治す」ことを目標としています。

その為には患者さんと施術者とが「2人3脚」でゴール(治癒)を目指すことが必要なのです。

患者さんが不安や不信を感じたら効果はでにくいし、治療を一方的に押し付けるようなことをしてもなかなか結果はでにくいものです。

自然治癒力を最大に発揮させる為にはお互いが理解しあい、あなたがゴール(治癒)してもらうための仲間(サポーター)と思って施術を受けて頂ければ幸いです。

今、私ができることは精一杯させていただきます。ぜひ一緒にがんばりましょう!

あなたの痛みが芯から改善されることを願っています!痛みのない普通の暮らしをしてください。

 

もし分からないこと、心配なことがありましたらお気軽にお問合せください。

他院での施術後の好転反応についても、心配なことがありましたらご相談ください。

 


ご予約・お問い合わせは、今スグこちらから!

・電話:0974-32-7003 (9:00-19:00) 不定休

・お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

・LINEでもご予約可能です♪

友だち追加